« 父と目録 その後のその1 | メイン | きょうのデータ部☆(7/16) »

建築作品がモッタイナイ!

磯 達雄
宮沢 洋
日経アーキテクチュア

日経BP社(2008.7)
発送可能時間

『日経アーキテクチュア』誌上の同名の連載をまとめたもの。
「戦前の建築は大切にされるのに、戦後の建築はあっさり壊されてしまう」という問題意識からスタートした企画なのだそうです。

戦後建築(モダン建築)の魅力を紹介しているのですが、イラスト・文章・写真が三拍子揃ってバランスよく、そのいずれからもモダン建築への愛があふれています。
著者のお二人が、イラストで度々登場していて、その姿・発言もユーモラス。
建築マニアでなくても、それぞれの建築作品の見どころ、面白さ、良さが理解できるようなわかりやすい説明がありがたい。そして、あんなところにこんな建築が…知らなかったよ、見たいよ、の連続。

とくに私が見たいなーと思ったのは群馬音楽センター(アントニン・レーモンド)、かなり雄大な建物です。何席あるんだろ? 群馬といえばオーケストラも有名です。ここで聴いてみたいなあ。

そして本書で紹介されている建築で、私が中に入ったことがあるのは日生劇場(村野・森建築事務所)。初めて行ったときは子供でしたが、その不思議に輝きうねって曲線を見せる壁には驚いたものです。輝きはアコヤ貝だったのか…。

有名建築家による作品もどんどん取り壊しにあっているようです。たしかに時代遅れに見えてしまう建築や、汚れが目立つ建築もある。でも40年もたたないのに壊してしまうのはモッタイナイ。その良さを再発見して、上手にメンテナンスして大切に使っていきたいものですね。そんな気持ちにさせてくれる本でした。

西日本編もあります。

磯 達雄
宮沢 洋
日経アーキテクチュア

日経BP社(2006.10)
発送可能時間

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/507

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク