« 作らずにすみますように~新設件名お知らせ8月分~ | メイン | TP&Dフォーラム2008 »

日から月へ

本日は「週刊新刊全点案内」1584号の発行日です。
掲載件数は1375件でした。

*こんな本がありました*

漱石の弟子で芥川の友人。もうひとつヒントで「鉄道好き」
「クイズこれ誰だ」の答えはこちら↓


阿川 弘之・赤瀬川源平・池内紀 他

平凡社(2008.9)
発送可能時間


我が心の師、百閒先生です。
文章の美しさと、創りものではないナチュラルな怖さに、
初めて読んだときからすっかり虜に。
「サラサーテの盤」や「冥途」あたりが有名ですが、
個人的には「東京日記」がイチオシ。あの不気味さがたまりません。

さて、今回紹介するこちらの本は、まるまる一冊百閒先生特集。
「阿房列車」の道程の写真を見ながら「ヒマラヤ山系はこんな顔してたのか」と思い、「日没閉門」の実物の札を見てニヤニヤし、ノラを探すチラシでグッと涙を堪える…。
ビジュアル構成なので、見ているだけでも楽しい!
百「閒」の「門」の中が「日」から「月」へと変わったことの考察など、「ほぉ~」っと思わせる記事も多々。

このビジュアルブックで楽しんだら、小説もおすすめです。
9月に入っても暑くて寝苦しい夜、百閒先生の小説を読めば背筋がゾーっとして涼しくなるかもしれません…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/540

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク