« まちがいさがし | メイン | 制服萌え~新設件名お知らせ9月分~ »

千年の色

こんにちは、図書館蔵書 小松です。

このところめっきり涼しくなってきましたね。道行く女子学生たちの服装にも、カラフルな重ね着が目立ってきました。

*こんな本がありました*

図書館蔵書は、基本的に図書館からお預かりした本のMARCを作成する部署ですが、新刊書のMARCを作成する場合もあります。そんな中でひときわ目をひいた本がこれです。

オンライン書店ビーケーワン:千年の色 単色 源氏物語

はい?ぜんぜん目立ちませんか?外側は(豪華ながら)地味ですが、この中身はなんとこんなです。

hari.png

鮮やかですね。ですが、実はまだまだ驚くような工夫をこらした魅力的な本なのです。↓


十二単を代表に、平安時代の貴族の服装には季節やTPOに合わせた色あわせの美意識、襲色目(かさねのいろめ)というものがありました。この本では、それと古代の色彩の復元を2冊セットでまとめてあります。上にあげた写真はちょうど今、そろそろ季節の紅葉を表現したものです。

そうした襲色目や古代の色について扱った本は従来もありました。

しかし、この本の画期的な点は、厳密に復元した色で正絹に染め上げて、それを直接図書に貼り込んでいること。

しかも、こうして美しく貼り込んでいくのも、いまや少なくなった京都の職人さんの手仕事なのだそうです。

tansyokuroll2.png
kasaneroll.png

写真でしかご紹介できないのがほんとうに残念です。

鮮やかな色が絹の光沢でさらに映えて、ため息の出るような一冊。

200809091852001.jpg

メイドインジャパンの絹を使用した、京都工芸意匠協同組合のお墨付きの工芸品です。
この本のHPはこちら

美しいものを作り出す、日本の伝統技術を保存するために、こうして新しい試みが続けられているんですね。


ついでに、類書でハンディなものではこんなものもあります。

オンライン書店ビーケーワン:日本の伝統色 新版 その色名と色調
オンライン書店ビーケーワン:かさねの色目 新版 平安の配彩美

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/565

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク