« きょうのデータ部☆(1/14) | メイン | カナの法則~典拠のはなし~ »

ハダカデバ、ベルになる

新刊目録 大谷です。

その生き物との出会いは、11月送品予定「ベル案内」を見ていた時です。

「ハダカデバネズミ」というオソロしいようなフザケたような名前のネズミがいるらしい。「岩波科学ライブラリー」は、何かとお堅いイメージで知られる岩波書店が刊行する科学シリーズ。既刊には、昨年ノーベル物理学賞を受賞されたあの益川敏英先生の著書もあります。決してフザケた本ではなさそう。動物ネタが気になる自分としては、これは必見…と、発売を心待ちにしていました。

オンライン書店ビーケーワン:ハダカデバネズミ 女王・兵隊・ふとん係
吉田 重人
岡ノ谷 一夫

岩波書店(2008.11)
発送可能時間

注:以下ネズミが苦手な方はご注意ください


本に載っている写真を見ると…一見、あまりカワイくは、ないです…。ネズミですし…。
しかし、そのユニークなルックスと暮らしぶりで、動物園でひそかに注目を集めているそうです。

こうなると実物が見たくなり、東松山にある埼玉県こども自然動物公園へ。
こちらはハダカデバネズミを日本で最初に展示公開した動物園。説明ボードも詳しく、楽しいクイズが付いているなど、ちからいっぱいの愛情が注がれていました。(わきで見ていたカップルには「何これキモチワルイ~」と言われていましたが…)

090115-1.JPG

ハダカデバネズミはとってもデリケート。防音された薄暗いケースの中で飼育されています。

090115-2.jpg

売店では、この「ハダカデバネズミ」の本のほか、ぬいぐるみも販売していました。
ぬいぐるみを見つけ喜びいさんでレジに持っていったのは…自分だけではないと思いたいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/636

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク