« 芥川賞・直木賞発表 | メイン | 毎年のお約束 »

たとえページがなくても

特注データで扱う資料にはどういうものがあるのか、一例をご紹介します。

081121_1735~0001.jpg

表紙をめくると

081121_1733~0001-0001.jpg

見開き一面でおしまいです。ページはありません。
このようなパンフレットの類はTRC MARCでは扱っておりませんので、特注データで承らせていただきます。

特注データに配属になる前は新刊目録で新刊書の書誌データ作成に携わっていた私、この手の資料を初めて扱ったときはしばらく固まってしまいました。
ページは? 大きさは? え、分類と件名も必要なの???
これまでデータを取ってきた「本」との違いに戸惑いました。
図書ならばページ付けがない場合「1冊(ページ付なし)」としますが、これも「1冊」なのでしょうか?
「冊」っていえるほどボリュームはないよなぁ、などといろいろ悩みましたが正解は「1枚」。
大きさは「30×42cm(折りたたみ30cm)」、畳ものです。
畳もの=地図しか頭になく、思いつかなかった自分が情けない・・・。

1枚であろうと図書館で保存する資料ならばデータがなくては。
この間は絵葉書のデータ作成依頼もありました。
図書館にあるのは本だけではないのですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/642

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク