« はじめまして! | メイン | ゲバラ »

南の島から

AV(録音・映像資料)半澤です。

AVから少し脱線しますが、お正月に東京の島、小笠原父島へ旅行しました。
寒~い冬に少し暖かくなるような写真をご紹介します。

父島は、東京の晴海埠頭からフェリーで南に25時間、約1,000Km、
太平洋に浮かぶ東京都小笠原村の島です。
船酔いですか?そりゃあもう。
冬の黒潮はハンパではありませんでした。
笑ってしまうぐらいの大波がデッキや窓に打ち寄せます。

フェリー「きそ」と「いしかり」。これで到着の姿。
大きくて港に着けられないので、少し離れたところにつなぎ、
通船で陸と行き来します。
p20090126-1.jpg


小笠原諸島原産のタコの木。なるほど蛸の足みたい。
p20090126-2.jpg


ハイビスカス。生垣に植えられていることが多く、華やかです。
p20090126-3.jpg


父島は元旦が海開き。つまり1年中海に入れるのです。但し冬はやっぱり寒い!
p20090126-4.jpg


海開きイベントの一環で、ウミガメの赤ちゃんを海に放します。
戻ってくるのは20~30年後ぐらいとか。永い目で調査しているのです。
p20090126-5.jpg


福祉センター内に図書室がありました。
お正月で図書室は閉館中でしたが、福祉センターが開いていたので、
係りの人にお願いして中を見せていただきました。
p20090126-6.jpg
何故福祉センターが開いていたかというと、
隣の母島から来ていた人たちが、
海が荒れて船が出ず戻れなくなり、
急遽、宿泊施設になっているとのこと。


図書カードのデザインが素敵。
これは階段の途中にブラ下がっていた見本。
p20090126-7.jpg

本屋さんが無い島の図書室。
こじんまりとしていますが、居心地が良さそうです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/650

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク