« 内容細目著者・実例集 | メイン | 愛猫の毛を…。 »

2008年MARC作成件数

AV(録音・映像資料)岩瀬です。
今回は、昨年1年間のAVを数字で振り返ってみます。
2008年、AVではどのくらいMARCを作成したのでしょう?
合計)11908件
内訳)CD:7334件 カセット:59件 ビデオ:139件 DVD:4376件

ついにカセットは2桁台に! 59件のほとんどが演歌です(約95%)。その他は、綾小路きみまろさんのライブと、河内音頭のカセットでした。なんとなくカセットの利用者像がうかがい知れる構成ですね。2007年は、まだもう少しバラエティに富んだジャンル構成だったのですが…。

そして、ビデオはというと、やはり減少傾向。とうとう150件にも満たない数字になってしまいました。そういえば、「ビデオの生産をやめました」という大手メーカーもここ1~2年でかなり増えました。
図書館向けビデオ販売を続けている、いまや数少ないメーカーの一つに松竹がありますが、2008年にTRC AV MARCを作成した日本のドラマはほとんど松竹から発売されている「鬼平犯科帳」シリーズでした。

テープの時代は終わりつつあるのでしょうか。
次世代DVDはブルーレイかHD DVDかと揉めた末、HD DVDが撤退したのも、2008年のことでした。
TRCでは、まだブルーレイDVDなどは扱っていませんが、技術の進歩に伴って、今後どんな資料が登場するのか、気になるところです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/672

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク