« シクラメンのかほりちゃん | メイン | 新機能、登場! »

わかりやすく伝えるために...

本日は「週刊新刊全点案内」1611号の発行日です。
掲載件数は1464件でした。

*こんな本がありました*


どんな世界にも業界用語や専門用語ってありますよね?
特殊な専門用語を知らなくても日常生活に支障はありませんが、
困ってしまうのは、病院でお医者さんの説明が分からない時。

例えば、同じ意味のAとB↓、困ってしまうのはどっち?


 A.「これは、エビデンスがある薬です。」
 B.「これは、よく効くことが研究によって確かめられている薬です。」


Aだと、「エビデンス?」「エビデン酢?」「海老デンス?」と混乱して、
あとに続く大事な説明を聞き逃しそう...
できればBのような説明が聞きたいものです。

*ちなみに...
 エビデンス(evidence)とは、英語で証拠、根拠の意。
 業界用語として使われることが多く、医学用語としては、
 「効果があることが研究によって確認されている」という
 意味だそうです。


こんな風に、ややこしい「病院の言葉」を、
患者さんにわかりやすく説明するための本が、
「週刊新刊全点案内」1611号に載っています。


オンライン書店ビーケーワン:病院の言葉を分かりやすく 工夫の提案
国立国語研究所「病院の言葉」委員会

勁草書房(2009.3)
発送可能時間


お医者さんや看護師さんなどに向けた内容ですが、
一般の人にも興味深い内容となっています。


特におもしろいのが、言葉の認知度や使用実績をのせているところ。
例えば、
「誤嚥(ごえん)…食物などが気管に入ってしまうこと」
のところには、

 認知率は50.7%と低く、一般に知られていない言葉であるが、
 この言葉を患者に使っている医療者は多い
 (医師82.4%、看護師・薬剤師53.5%)

とあり、なんだかたいへん説得力があります。

*国立国語研究所による調査の結果は↓ここでも見られます。
 http://www.kokken.go.jp/byoin/


図書館界にもいろんな業界用語や専門用語がありますよね?
「MARC」とか「背ラベル」とか「OPAC」とか「ブックポスト」とか...
意外と一般の認知度は低いものが多そうです。

便利でついつい使ってしまいがちな専門用語ですが、
話す相手によっては、気をつけたいものです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/687

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク