« 栗本薫さん、いままでお世話になりました | メイン | こんなことになっていたとは »

老舗のかおり

こんにちは。雑誌:池田です。

最近、広告やCMなどで「新創刊!」という文字を見たり音を聞いたりすると、
「む。いつ来るか!?」と身構えてしまう私。

職業病というかなんというか…。

そして、時をおかずにデータ部にやってくる雑誌を見て、
「あれ、このまえデータ作った気がするけど…?
って、テレビ見ながら頭の中でつい作っちゃっただけだった!」
のようなボケを密かにかましつつ、
親書誌を新しく作成していきます。

その際、「いかにも新雑誌だなあ」と思わせるのが、
270D:創刊年月日 というタグです。
その雑誌の第1号の発売日を西暦で入力するので、
ぴかぴかの新創刊だと、まさに今日の日付が入ったりするのです。
言ってみれば、雑誌の誕生日を記録しているわけですね。
ですから、反対に昔の年月日が入っていると、
その雑誌の長い歴史をしみじみ感じることも。

「長い歴史」で一番インパクトがあったのは、個人的にはこちら。↓
090520_1349~0001.jpg



高校の教室以来でその名を聞きました、「ホトトギス」。
文学史にくりこまれているかと思ったら、
まだまだ現役。しかも毎回ぶ厚い月刊誌。
すごいなあ・・・。

創刊年月日はというと…

270D : 1897.1.1

19世紀です。再び、すごいなあ・・・。

写真のお隣りは、同じ日にやってきた新創刊の雑誌。
創刊年月日は 270D : 2009.5.20
その差112年。先輩みたいに長生きする雑誌になるとよいですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/751

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク