« 趣味は観劇~分類/件名のおはなし・3~ | メイン | きょうのデータ部☆(7/22) »

人類が消えた後は...

本日は「週刊新刊全点案内」1628号の発行日です。
掲載件数は1304件でした。

*こんな本がありました*

「人類が消えた世界」
(ハヤカワ文庫 NF)

アラン・ワイズマン著 / 鬼澤 忍訳
早川書房(2009.7)

早川書房でこのタイトル(さらにこの表紙)、間違いなくSF小説だと思ったら勘がはずれました。
この本は「もしある日人類が消えたら、地球はどうなるのか?」を、実地調査と科学を元に解いていくノンフィクション作品です。
あのニューヨークですら、人類が消えた500年後には森と化し動物たちが戻ってくるそうで、そんな姿を見てみたい!
でも、そのためには自分も消えないといけないんだよな...と色々考えさせられる作品です。


人類のいない世界つながり(?)でこんな本もご紹介

「恐竜図鑑 ナショナルジオグラフィック 新発見の恐竜など全140種」

マイケル・K.ブレット=サーマン著 / 富田 京一日本語版訳・監修
日経ナショナルジオグラフィック社(2009.7)

子ども時代、海の近くの地層でよく化石堀りをしていました。恐竜を見ると今でもワクワクします。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2024年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク