« 暑気払いの会がありました | メイン | 未来っぽい道具 »

ただ黙々と…~新設件名お知らせ2009年7月分~

本日発行の『週刊新刊全点案内』は巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名とは、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

7月は10件新設しました。
その中にNDLSHから採用した「フィールドワーク」があります。今さらという感じではありますが、“野外や現地で、その地の実態に即した調査研究を行う”というもの。
個人的には「かんかん照りの中、ただひたすらに計測」「枯木立の間を淡々と印をうって歩く」などといった印象が浮かびます。調査・研究・作業内容はさまざまなれど、いずれにしても“厳しい気象条件のなか黙々と”という勝手なイメージ。実際には、初対面の大勢の人に囲まれたり、ひとりで資料を読み込んだり、いろいろな時間があるわけですが…。

いうなれば、日々囲まれている図書や資料はこんなフィールドワークの結晶のひとつ。
皆さんは“フィールドワーク”からどんな光景を思い浮かべますか?

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク