« ただ黙々と…~新設件名お知らせ2009年7月分~ | メイン | きょうのデータ部☆(8/5) »

未来っぽい道具

本日は「週刊新刊全点案内」1630号の発行日です。
掲載件数は1369件でした。

8月の表紙はこちら、夏祭りの夜の涼しげな下駄でした。

p20090804.jpg


*こんな本がありました*

1630号で、表紙を見た瞬間「おっ」と思ったのはこちら。


オンライン書店ビーケーワン:ニコンUP300を遊びつくす本 最強のヘッドマウントディスプレイ


表紙のお姉さんが謎のヘッドセットを付けているのがわかりますでしょうか。頭に付けるとテレビが見られる(ゲームやマンガ・小説もOK)道具だそうです。
子供の頃の未来予想にあったメガネ型テレビを現実化するとこうなる、という感じでしょうか。電車の中でケータイやゲーム(最近はニンテンドーDSに熱中するサラリーマン多し。ドラクエ9をやっているのでしょう)は日常の光景になりましたが、このヘッドセットで駅にいたら、かなり目立つことでしょう。


こんな本もありました。

オンライン書店ビーケーワン:WiiRemoteプログラミング
白井 暁彦
小坂 崇之
くるくる研究室
木村 秀敬

オーム社(2009.7)
発送可能時間

最近、Wiiを買ってしまったのですが、ゲーム歴が「スーパーマリオ2」で止まっていた私でも普通に遊べてしまうのに驚いています。Wiiリモコンを上下左右前後に振り回すだけ、ボタン操作はほとんど不要。無茶苦茶に振り回せばチャンバラの剣に、横に振ればフリスビーに、水平に握ってひねればバイクのハンドルに早変わり。こんなに複雑な動きをゲーム機が瞬時に把握→処理していく…とにかく感心しています。

で、この本なのですが、WiiRemote(Wiiリモコン)を使った面白いもの(テルミンとか姿勢をチェックするツールとか)を、プログラミングしてみよう、という本でした。ぱらぱらしてみると、私にはとても難しそうな内容に見えますが、プログラミングを学び始めた中高生からOKとのこと。中高生が、Wiiリモコンの動きを利用したプログラムを作れる…これもかなりの衝撃です。
この本のまえがきには、Wiiリモコンを活かして新しいインタラクティブアートの世界を切り拓いて、などという激励の言葉もありました。図書館に子どもがWiiリモコンを持ってきたら面白いことが起きる、なんて未来も、もしかしたらあるかもしれませんね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/795

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク