« 秋の装い | メイン | お稽古してる?~新設件名お知らせ2009年9月分~ »

グッバイ・レーニンの世界

本日は「週刊新刊全点案内」1638号の発行日です。
掲載件数は1626件でした。

10月の表紙はこちら。
p20091006.jpg

運動会の日を思い出しますね。
ハレの日の一発勝負に弱い(というか興味がない)母の作るお弁当は、
遠足だろうが運動会だろうがおかまいなしの「超ジミ弁当」。
級友の華やかな力作を尻目に、人知れずナミダにくれたものです…。

*こんな本がありました*

オンライン書店ビーケーワン:ベルリン東ドイツをたどる旅
見市 知

産業編集センター(2009.9)
発送可能時間

ベルリンの「壁」が崩れて20年。
旧東側について、ある程度距離感をもって懐かしむ余裕が
すっかり根付いたようで、
映画『グッバイ・レーニン』(08905099)で描かれた
世界が楽しめるガイドです。

今に残る社会主義的モニュメントや
東独時代の雰囲気を再現したカフェ、
「東のニオイ」がプンプンしそうな雑貨などが、
筆者の当時の思い出とともに、
優しいノスタルジーたっぷりに紹介されています。

中でも特に面白そうだったのが、
トラバントで巡る東ベルリンツアー。
「紙製」という悪口で有名だったあの名(迷?)車で、
変貌を続ける旬でホットな街・ベルリンをゆく…。
なんとも愉しそうではないですか!

ちなみにトラバントに試乗体験ができる博物館もあるそうで、
筆者はドアを閉めたら開かなくなって焦ったとか…。
「ネタか?」と思うほどよくできた話です。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/834

コメント (2)

えぼし:

 そうそう映画『グッバイ・レーニン』は、主人公の家族が青いトラバントに乗るシーンが印象的でしたね。
 『ベルリン東ドイツをたどる旅』。面白そうな本を紹介してもらってありがとうございます。さっそく探してみます!

新刊目録 池田:

えぼしさん、こんにちは。
私も、西側の最新流行型車ばかりの中で、
トラバントの存在感が抜群だったような記憶があります。
ガイドを片手に、秋の夜長にゆっくり鑑賞しなおしてみるのもよいかもしれませんね。


コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク