« 赤とんぼ♪ | メイン | 巻末情報もお見逃しなく☆~新刊案内2週目~ »

ちょっと贅沢気分で

本日は「週刊新刊全点案内」1639号の発行日です。
掲載件数は1369件でした。

さて今週は、
なんとも豪華なしかけ絵本が入荷しました。

オンライン書店ビーケーワン:星の王子さま LE GRAND LIVRE POP−UP TEXTE INTÉGRAL

ひらいてみると...

20091013.JPG
とびだすバオバブ。
王子さまのマフラーもはためきます。
このほかにも、動くしかけあり、めくるしかけあり、
各ページ凝りに凝った、それはそれは美しい絵本です。

個人的に「星の王子さま」にはやや苦しい思い出があるのですが
(高校のとき山奥の合宿所に泊りこんで「星の王子さま」を
2日間精読するという研修があったのでした。私語厳禁。)
この本なら読み返してみたい気持ちになります。


もう一冊豪華な本を。

オンライン書店ビーケーワン:ジョエル・ロブションのすべて
ジョエル・ロブション
シャトーレストランジョエル・ロブション
勅使河原 加奈子

ランダムハウス講談社(2009.10)
発送可能時間

フレンチのカリスマ、ジョエル・ロブションのレシピ本。
ページ数はどどんと823p。お料理本としては破格です。
「ゆで卵の茹で方から極上フレンチメニューまで~」という紹介文の
とおり、たしかに半熟卵の茹で方から丁寧に解説されています。
まぁそのトッピングはフォアグラだったりするんですけど...。
裏表紙のロブション氏のポートレートも迫力があり、
食器棚に飾っておけば料理人気分になれそうな一冊です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/839

コメント (2)

苦沙弥:

>(高校のとき山奥の合宿所に泊りこんで「星の王子さま」を
>2日間精読するという研修があったのでした。私語厳禁。)

うわ、もしかしてフランス語ですか?…って、高校だから英語かな。(とか言って本当にフランス語でしたらゴメンナサイ。私立だとありそうですよね?)

…と、語学コンプレックスゆえ、変なところに反応してしまってすみません。

分類/件名 高橋:

苦沙弥さん、こんにちは。

ご期待にそえず(?)すみません、テキストは日本語なのでした。
「星の王子さま」をとおして世界や自分について考えよう、というなんだか変わった研修で、泊りこみでそんなことを考えていると当然どんどん煮詰まっていき…
「星の王子さま」を見ると今でもあの時の妙な雰囲気を思い出します…。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク