« 茗荷谷周辺の坂 その1 | メイン | 英語・世界の名作文学のご紹介 »

幻の祝日(11月12日)にちなんで

こんにちは、典拠の田辺です。
秋も深まってきたところで、今日は「天皇」のお話を少し。といっても、典拠ファイルでの話なので、気楽にどうぞ。
2009年11月12日は天皇即位20周年の日で、この日を臨時の祝日にしようという法案があったのに、廃案になってしまったそうです。祝日が、たとえ今年1回限りとはいえ増えたらうれしかったのですが。
今から20年前、今上天皇が即位された時に、私たち典拠班は典拠ファイルを以下のように訂正しました。


天皇→昭和天皇
皇后→皇太后→(2000年7月以降)香淳皇后
皇太子→天皇
皇太子妃→皇后

たとえば「皇太子明仁親王御結婚記念アルバム」(毎日新聞社 1959年刊)では、MARC作成時の個人件名が
650B(個人件名)1:皇太子
650B(個人件名)2:皇太子妃
だったのですが、訂正された現在では
650B(個人件名)1:天皇
650B(個人件名)2:皇后
となっています。

つまり、個人件名“天皇”で検索すると、常に“今上天皇”が検索できるようになっているのでした。誰も気が付かないですよね・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/862

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク