« きょうのデータ部☆(2/3) | メイン | 年鑑・白書をもれなく探す »

ペットボトルの目録

こんにちは。新刊目録 大槻です。
目録のお仕事を始めて、もうすぐ1年になります。
毎日目録を作っていると、身近にあるこんなものも、あんなものも不思議と目録目線で目に入ってきます。

例えばペットボトルの成文表示のラベル。
・品名 紅茶飲料
 →ジャンル 
・原材料名 牛乳、砂糖、…
 →責任表示
・内容量 280ml
 →ページ数
・販売者 ○○株式会社
 →出版者

このインスピレーションが働いたら、もう止まりません。
ペットボトルのラベル全体を、図書の目録に全部当てはめはじめます。
「タイトルにあたるのはコレね」「この部分はシリーズかしら」とか、頭の中がフル回転です。

これも一種の職業病でしょうか。
でも電車の中など手持ち無沙汰なとき、意外と飽きずに時間が潰せます。(ペットボトルをじっと見つめすぎるとヘンな人ですが)
データ部の人たちは、少なからず共感してくれるはず。と思ってブログ記事を「職業病」で検索してみると……やっぱり皆さん、考えることは同じなのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/919

コメント (3)

原田淳子(新刊):

以前、国会図書館発行の冊子(タイトル何だったか?)を見ていたら、あるコラムに「カタロガーなら道端の石ころでも目録として記述する」とかいう文がありました。すごいプロ根性ですが、TRCデータ部も負けてませんね。

図書館退屈男:

> 例えばペットボトルの成文表示のラベル。

あ!すごくわかります。

ラベルの記載方法や品名は日本農林規格(JAS)で決まっているのですが、例えば缶コーヒー類は成分の比率の違いで
・乳飲料
・コーヒー飲料
・コーヒー
と品名の記述が変わったり、原材料名も原材料に占める重量の多い順に記載されていたりと、ルールがわかると目録ライクに見てしまいます。

あと、「うどん」「ひやむぎ」「そうめん」の違いは
http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/kijun_25.pdf
あたりをどうぞ。

新刊目録 大槻:

原田さん、コメントありがとうございます。

石ころの目録!考えたことがなかったです。
まだまだ修業が足りませんね(笑)


そして図書館退屈男さん、ご愛読いただきありがとうございます。
同意していただけて嬉しいです。

コーヒー類のお話は小耳に挟んだことがあったのですが、麺の方は初めて知りました。「そうめん」は、厳しい基準をクリアして「そうめん」と名乗れるのですね。

色々な商品に「品質表示」という目録があると思うと、面白いです。


コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク