« 「スズキ」さんにまつわるエトセトラ | メイン | ゲゲゲ、レレレ、ららら »

データ部研修「典拠」

図書館総合研究所の豊島です。
新年1/6からデータ部で2週間研修しました。
商品として全国各地の図書館に出回るMARCを
作成していると思うと、手に汗握る、緊張、緊張。
典拠ファイル作成では検索が一通り終わっても
「同一人物でありながら、別の著者名で
すでに書籍を出しているのでは?」と
不安にかられたり、
似た名前の人がいると
「同一人物ではないよね?大丈夫よね?」と
考え込んだり・・・。

 そんな「典拠」という言葉が頭の中を
ぐるぐる回っていた研修中のある日のこと。
図書館関係者ではない友人3人と食事に行った際
「典拠って知ってる?」と聞いてみました。
すると辛うじて1人だけ「図書検索で
見たことあるような・・・」との答え。
そこで「典拠」について説明すると
「今ひとつ分かりづらい。」「もっと簡単な表現にしないと。」
「参照とは違うしね・・・。」と
色々な意見が出る中、一人が
「要は『あんた誰や~』ってこと?」と。
まさにそうです。その通り!

 そこで「あんた誰や~」を「Who are you?」とし、
「こちらを見てね」という意味も込めて
「→WAY」といったように矢印型のマークを考案。
「典拠」をクリックするより自然に「なんだろう?」と思って
クリックしてくれるのでは?とも考えたのですが・・・。
この案、どうでしょうか・・・(汗)
MARCの奥深さを知った2週間でした。。。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/924

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク