« 100年の重さ | メイン | きょうのデータ部☆(4/14) »

春になると彼らも活動開始!

本日は、「週刊新刊全点案内」1664号の発行日です。
掲載件数は、1858点でした。


突然ですがクイズです。
これは何の音でしょう?

その1.ビーィ ビーィ ビーィ
その2.フィフィ・・・フィフィピッ
その3.アウー

答えは こちらに載っています。

オンライン書店ビーケーワン:声が聞こえる!カエルハンドブック SoundReader U−SPEAKで声が聞ける


カエルの名称・学名や生息エリア・大きさ・写真などが掲載されているのはもちろん、
各カエルのページに印刷されたコードを対応の音声プレーヤーでなぞると鳴き声を聞くことができるハンドブックです。

その1.は佐渡島産のツチガエル
その2.本州から九州に生息するカジカガエル
その3.は沖縄島、渡嘉敷島に生息するホルストガエル
の泣き声だそう。
カエルの鳴き声といったらケロケロ、ゲコゲコとしか思っていなかった自分をちょっと反省。

沖縄島のナミガエルは蒸気機関車のような声で「ウォッウォッウォッ」と鳴くそうで。
私、特にカエル好きなわけでもないのですが、「本当?聞いてみたい!」と思ってしまいました。


今号の「週刊新刊全点案内」にはこの他にも、そういう切り口できたか、と思わせる動物の本がいくつか。

オンライン書店ビーケーワン:イモムシハンドブック
安田 守
高橋 真弓
中島 秀雄

文一総合出版(2010.4)
発送可能時間

並べるとポップな気がしてくるのが不思議。


オンライン書店ビーケーワン:ホネからわかる!動物ふしぎ大図鑑 1 日本の動物たち

こちらは全3巻でほ乳類から両生類、魚類までの骨格や生態を紹介しています。


周囲の自然からだけでなく、本でもなんとなく生命の息吹を感じる春なのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/967

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク