« 二度あることは三度ある? | メイン | にほんごで、あそぼっ! »

貸出可?不可?

月末にお届けしている「MARCや検索のはなし」。
今回は、「付属資料の著作権コード」についてお話しします。

最近はCD-ROMなどの付属資料が図書に付いているものが多くあります。
付属資料は図書と一緒に貸し出してよいの?と迷うかもしれません。
そんな時役立つのがこの「付属資料の著作権コード」です。

2002年3月、日本電子出版協会により、公共図書館におけるCD-ROM付き書籍・雑誌の「図書館館外貸出可否識別マーク」というものが発表されました。
いわゆる↓こちらのロゴマークのことです。

toshokan_2.JPG


TRC MARCでは、このロゴマークが付いているものについて、
館外貸出可(ロゴマーク)
館外貸出不可(ロゴマーク)

という情報を入力しています。これが「付属資料の著作権コード」です。

また、こちらのロゴマークが付いていない場合でも、「図書館でのCD-ROMの貸出は~」などと文章で明記されている場合は、
館外貸出可(図書)
館外貸出不可(図書)

としています。ロゴマークか文書かで( )の中が違います。

付属資料付き図書の購入の際は、付属資料の著作権コードも確認してみて下さい。

なお、図書にロゴマークや文章での明記がない場合、付属資料の著作権コードの情報は入力していません。お手数ですが、図書館から直接出版者へご確認をお願いします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/999

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク