« 古くても新しい本 | メイン | ムズタノシイッ »

さよなら、さよなら、さよなら。

月末最終の月曜日はAV(録音・映像資料)の部ログdayです。
今月は何を書こうかな~。梅雨も明けたし、夏っぽく怪談?ボサノヴァ?沖縄民謡?などと考えていたのですが。
7月はこちらのDVDを紹介します。


【DVD】 甦る名調子!淀川長治クラシック名作映画解説全集Ⅰ~Ⅲ(10905387、10905388、10905389)

淀川長治といえば、言わずと知れた映画解説者ですね。頭の中に日曜洋画劇場での解説シーンが思い浮かんだ人も多いのでは。とはいえ典拠ファイルを見てみると、亡くなったのは1998年。もう10年以上も経つのでした。中高生にはピンとこなくても当たり前かもしれません。

映画を見るのが目的ながら、淀川さんの解説も面白かったなぁ。映画があまり面白くなかった時でも、そこを褒めるの?!というようなユニークな観点を見せられたりして。おじいちゃんなのに真面目一辺倒でなく、映画が大好きなんだろうなと感じられ、さらにあの独特な語り口で、2割位は映画の面白さがUPしたよう思います。確か亡くなる直前まで元気に仕事をされていて、その人生の終わり方も、かくありたいと思ったことを思い出しました。

その淀川長治の映画の解説ばかりを集めたDVDなのです。「メトロポリス」」「アンダルシアの犬」「ベン・ハー」「幌馬車」「嘆きの天使」「モロッコ」「道」「戦艦ポチョムキン」…もちろんチャップリン映画も数々。1巻に約40作品、特にクラシック名作映画の解説が集められています。こんなDVDはあまり他に例がないのではないでしょうか。解説書を読むだけでも、なんだかわくわくしてきます。


暑い毎日ですが、部屋で名画もいいですよねぇ。サスペンス映画をチョイスすれば、涼しさもUP!するかもしれないし。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1040

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク