« 亀とコイン | メイン | きょうのデータ部☆(9/8) »

どっちが表?~新設件名のお知らせ2010年8月分~

本日発行の『週刊新刊全点案内』は巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、
NDLSHから採用したものも含まれています。

8月は14件の件名を新設しました。
その中に「銅鏡」という件名があります。
銅鐸はすでにありましたが銅鏡は今回が新設、
今までなかったのがちょっと不思議な気もします。

銅鏡というと、初めて接したのは社会科の授業でしょうか。

小学校の授業で先生は、
銅鏡や銅鐸が実際どのように使われたかはわかりませんが
皆さんが大人になる頃には判明しているかもしれませんよ、
と話されていたように記憶しています。
あれから相当な年月がたっていますが、大きな進展はあったのでしょうか。
銅矛の隣に置いてあると、実は盾なのではと思ったり
(←あくまでも小学生だった頃の個人的な感想です)したこともありますが、
銅鏡に関しては今も祭祀道具説が有力なようです。

銅鏡は博物館などで展示される場合、
文様のある方を上にして置いてあることが多いですよね。
青銅器は脆いので立てかけて展示してもらえないのが残念です。
鏡の方の面ってどうなっているんだろう、といつも気になります。
しかも本来ならこちらが表になるはずなのになぁ…。
そういえば銅鏡の表裏って実はどっちが表なのでしょう。
古代人に直接訊ける機会があると良いのですが。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク