« きょうのデータ部☆(9/15) | メイン | 材料といえども~分類/件名のおはなし・16~ »

あの人?がパパになった

こんにちは、図書館蔵書 小松です。

図書館蔵書には意外と児童書もよく入荷します。というのも、児童書はロングセラーが多く、長く出版されている間に、シリーズ名の追加や表記の変更などで、新しいMARCが必要になるケースが多いからです。

時々、昔読んだ絵本が入荷して、読んだことを忘れていたのに、ふっと当時の記憶が蘇ってびっくりすることなどもあります。それとは反対に、私がリアルタイムで読んでいない児童書が入荷して、「こういう絵本がいまどきなのね」と面白く感じるときもあります。

最近、昔の記憶と今どきをミックスした、不思議なテイストの絵本が入荷しました。初版年はそれほど新しくないのですが、題材はウルトラマン、対象は今どきの幼児。読み聞かせ用の大判の絵本も出版している人気シリーズだそうです。

みやにし たつや
円谷プロダクション

学研(1996.6)
発送可能時間

あのウルトラマンがパパになったら、という趣向のこの絵本。コトンと太い線で描かれたウルトラマンはかわいらしいのに、円谷プロ監修と本格的です。正義の味方も、家に帰ると子煩悩なパパで、ママに弱かったり、子どもに甘かったり、親近感あふれる今どきのお父さんに描かれています。

今、MARCを作成しているのはウルトラセブン家。

ウルトラセブンの上の子どもは女の子。パパのメロメロっぷりは、ウルトラマン以上です。

子どもには新しく、一緒に読む親御さんには懐かしく「うふふ」と思える本。
親の立場の方が共感できて面白そうですが、こういう趣向の絵本をよんで子供も楽しいのだったら、子どもって親が思うより、親を観察しているものなのでしょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1078

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク