« ジャストフィットのMARC | メイン | 元素 »

朗読CDってご存知ですか?

今月は横浜録音図書という会社から出ている朗読CDを、図書館からたくさんお預かりしました。
こんなに。

20101025p.jpg


朗読というと私は、絵本もしくは児童書、つまりあまり長くはない読み物を、子ども向けに読み聞かせるイメージなのですが、データ部AVに入荷される横浜録音図書のものの多くは小説。池波正太郎、夏樹静子、乃南アサ、浅田次郎…時代劇、推理小説、エンターテインメント等々。エッセイ、詩、昔話のものなども作られているようです。
写真のように、一般的なDVDのケースに入っています。

横浜録音図書のHPを見ると、視覚に障害のある人だけに向けて作られているわけではなく、入院中のお見舞い、日本語の勉強、細かい字が見えにくくなった高齢者、ラジオ派の人、通勤・通学時に耳で楽しめるように、などとあります。
そういわれてみると確かに、「ちょっと何か読んでから寝たいけど、今日は疲れて目がしょぼしょぼ」なんて時、イヤホンで少し聞いて眠るというのもいいかも。家事をしている時なんかでも、本も持たず目も向けずに、本を読んだのと同じ読後感が味わえるのかも。すごく時間の得なのかも! なかなか良さそうです。


こんなものも。

【CD】 点字版 落語シリーズ Colezo! Twin セレクト 五代目柳家小さん(10907272)
【CD】 点字版 落語シリーズ Colezo! Twin セレクト 五代目古今亭志ん生12(10907316、10907317)
【CD】 点字版 落語シリーズ Colezo! Twin セレクト 六代目三遊亭圓生(10907318)
【CD】 点字版 落語シリーズ Colezo! Twin セレクト 八代目桂文楽(10907319)

日本伝統文化振興財団という会社から出ている落語のCDですが、視覚に障害のある人、高齢の人を対象とした点字・大活字解説書付きCDとあります。CDケースに収まった通常の解説書の他に、点字の解説書、大活字の解説書、CDタイトルの点字シールが付属しています。
日頃、落語にはMARC作成対象として接する程度ですが、ちらっと解説書を見るだけでも、面白そうなハナシだな、と思うもの数多く。きっと一歩足を踏み入れたら、無限の落語ワンダーランドが広がっているのではないか、と想像しています。
目が不自由になっても、寄席に行くことは難しくても、こういったツールで楽しむことが出来るといいよなぁと思いました。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1106

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク