« きょうのデータ部☆(11/24) | メイン | めくる楽しみのために »

やっぱりネコが好き!

毎週火曜にお届けしている「今週の1冊」の候補にあがりながら、惜しくも紹介できなかった本をとりあげて紹介しています。
寒い時期のお供といえば、こたつ、ミカン、そして何と言っても猫!
我が家にいる愛猫ニャン太も、「死んでるんじゃないか?」と見ているこっちが不安になるほど、一日中家で寝ております。

というわけで、今回は「猫本」のご紹介です。

オンライン書店ビーケーワン:ねこじたなのにお茶がすき

じいさまといっしょに、「茶の湯」をたしなむ猫たちの絵本です。
作法はばっちりだけど、熱いお茶はちょっと苦手。猫舌ですから…。
うちの母親も、「猫缶(エサ)をレンジで温めてあげた方がいいかなあ」などと過保護なことを言い出したので、「猫は猫舌だから!」と教えておきました。
 

オンライン書店ビーケーワン:ネコと旅する
小山 大喜
あかぎ りゅう
菊池企画

祥伝社(2010.11)
発送可能時間

 
猫の飼い主にとって悩ましいのが旅行のとき。
私と母が旅行に出かけるときは、留守番の父に猫の世話を頼むのですが、父にはまったく懐いていないので困っています。
旅行から帰ってしばらくの間は、トラウマからか、一瞬でも私と母の両方の姿が見えないと、ものすごい声で鳴くのでした…。

この本では「猫を連れて旅行する」ためのノウハウが紹介されています。
うちの猫には難しそうですが、人見知りしない猫なら、夢の「猫旅」が実現できるかもしれません。

オンライン書店ビーケーワン:犬と猫と人間と いのちをめぐる旅

最後はちょっとシリアスに。
ドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」の監督が、殺処分されている犬と猫の現実を明らかする一冊。
最近では「地域猫」といって、野良猫を保護する場所もあるようですが、匂いやエサの問題もあり、猫に興味のない人の理解を得るのは困難です。
野良猫を見ると、その場限りだけ可愛がる人はよくいますが、その野良猫がその後どうなるのか、一人ひとりが考えるべきではないでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1129

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク