« たった1日で作れる?!~新設件名のお知らせ2010年11月分~ | メイン | きょうのデータ部☆(12/8) »

きのこ文学!

本日は「週刊新刊全点案内」1696号の発行日です。
掲載点数は1585件でした。

今月の表紙はこちら。

p20101207.jpg

ろうそくが7本。
クリスマスまであと2週間半!


*こんな本がありました*

秋から冬は、きのこの季節。
このお仕事をしていると、「濃いな…」と思う本が多いジャンルが
いくつか見つかるのですが、
「きのこ本」もそのひとつではないかと思います。
きのこ図鑑や、きのこ本の書評など、常々すごいと思っていましたが、
そんなきのこ本に新ジャンルが?


オンライン書店ビーケーワン:きのこ文学名作選


濃いきのこ本を編集されている飯沢耕太郎さんによる、
「きのこ文学」のアンソロジーです。

装丁がとても凝っていて、
表紙のゴールド模様ひとつひとつは、
黒いカヴァーに切り抜かれた穴から本体の金色が覗いているもの。

本体ページは、小説一編ごとに紙の色や種類が変えてあり、
フォントの種類や組み方もそれぞれ全く違います。

装丁に圧倒されてしまいましたが、中身も濃いに違いありません!
(収録作品はこちら → 

 

きのこは普通にスーパーで買って食べますが、
きのこ狩りに行ったこともなければ、特に思い入れもない私。

最近は小説もあまり読まないので、
「きのこ文学」は?と聞かれても、
「「ごんぎつね」ってお詫びに松茸くれたっけ…」ぐらいしか
出てこないのが残念です。
世の読書家なら、どんな「きのこ文学」を選ぶんでしょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1137

コメント (2)

苦沙弥:

ふと、宮澤賢治の「さるのこしかけ」という童話を思い出しましたが、こちらには違う作品が収録されているんですね。(あれはサルノコシカケという「キノコ」よりは、「サル」を中心に描かれていましたし。個人的にはちょっとトラウマ受けた…。)

ところで、こちらも、ふっと思ったのですが。

>装丁がとても凝っていて、
>表紙のゴールド模様ひとつひとつは、
>黒いカヴァーに切り抜かれた穴から本体の金色が覗いているもの。

これ、まさか、「菌」→「金」って洒落…な、ワケないですよね(爆)。


―久しぶりにお邪魔して失礼いたしました(汗)。

新刊目録 藤澤:

苦沙弥さま

コメントありがとうございます。
宮沢賢治のその作品は、はじめて知りました。
トラウマ…という言葉が気になって、読んでみましたが
読みながらちょっと嫌な感じになる話ですね(笑)
タイトルはかわいいのに。

「菌」→「金」とは気づかなかった!
言われてみると、暗闇で光るキノコとか胞子の
イメージかもしれませんね。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク