« カレンダー | メイン | ロケ場所の蘊蓄が言いたい »

神さま仏さま ~典拠のはなし~

年があらたまって半月。
みなさま 初詣にはお出かけになりましたか?
今年の典拠のはなしは 神社・寺院にまつわるお話からスタートです。


初詣客が多いことで知られる神奈川県・川崎大師。
噂に違わず大変な人出です。
大混雑の中、やっといただいたお札。
ほっと一息ついて改めてお札を見ると、そこには「平間寺」の文字が。
あれ?ここは、川崎大師のはずでは…?


このお寺のホームページを見てみると
「名称:金剛山金乗院平間寺 通称:厄除弘法大師 または 川崎大師」
と紹介されています。
いろいろな呼び名があるようですね。
では このお寺の統一形、どうしたらよいでしょう。


TRCでは神社や寺院の統一形を決める拠り所として
「神社・寺院名よみかた辞典」(日外アソシエーツ)を使用しています。
さっそくひいてみると、見出し語は「平間寺(へいけんじ)」。
「川崎大師」は別称として掲載されていました。
…ということで TRCでは統一形を「平間寺」としています。


このように通称と本当の名称が異なる神社・寺院、意外と多いものです。


では ここで問題。次の神社・寺院の正式名称は何でしょう?
1.東寺(京都府) 
2.山寺(山形県) 
3.豊川稲荷(愛知県) 


答えは

1.東寺(京都府)→ 教王護国寺
2.山寺(山形県)→ 立石寺
3.豊川稲荷(愛知県) → 妙厳寺

(正式名称は「神社・寺院名よみかた辞典」(日外アソシエーツ)による)

驚いたのは豊川稲荷。名称から、ずっと神社だと思いこんでいました。
今年も思いこみをもたず、きっちり調査し、正確な典拠をめざすように…
と神さま仏さまに言われている、ということでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1160

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク