« うっかりしててはいかんぞな! | メイン | キッズ・ソング »

おやおや

こんにちは。新刊目録 中村です。
家族(4歳男児、1歳女児)が増え、友達(ママ友)も増えました。ママ友の中には、子どもが本をきちんと扱えないから、家から遠い(車で20分以上かかることも)からと図書館に行かない人も多いのが現実です。そんなママ友の一人に先日「あのさ、こんな本さがしているんだけど?」と声を掛けられました。
 
 

オンライン書店ビーケーワン:おやおや、おやさい
おやおや、おやさい
(福音館の幼児絵本)
石津 ちひろ
山村 浩二

福音館書店(2010.6)
発送可能時間

テンポのいい言葉遊びのような絵本です。プレゼントにもらって、娘さんが大お気に入りで、似た本がないかとさがしているとの事。「それからリサとガスパールの絵本の仲間も」と言うので、合わせてその場でビーケーワンで検索して教えました。
 
 

オンライン書店ビーケーワン:リサとガスパールのちいさなともだち
アン・グットマン
ゲオルグ・ハレンスレーベン
石津 ちひろ

ブロンズ新社(2008.9)
発送可能時間


あれ?検索結果をよく見ると「リサとガスパール」の訳者は「おやおやおやさい」と同じ「石津ちひろ」さんです。「娘ちゃんは石津ちひろさんの文章が好きなんだね」と話すと、「そういやそうだ。よくわかったね」と返され、ちょっと鼻高々でした。
 


その後、今度は「「うんち」の絵本で楽しいのってどれだろうね」との話が。
キーワードに「うんち えほん」で検索、、、お腹をこわした時の話や、食物が口から体に入って出るまでの話など、微妙に違うジャンルな本がいろいろ。娘さんの興味はどこらへんかな?と聞くと、「○○耳鼻科にある本 」との返事が。そこは我が家もかかりつけ医、なぜか「うんち」関連本が沢山おいてあり、息子も大好きです。
そこから、シリーズや著者で検索。無事に欲しそうな本を見つけることができました。

私の作業を通して「次は図書館行ってみよう」と思ってもらえたらと願っています。

それにしても、なぜ子どもはびろうな話が好きなんでしょう?息子はともかく、プリンセスに憧れる女児の口が、そんなことばっかり言ってちゃ~と言っても止まりません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1170

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク