« きょうのデータ部☆(2/2) | メイン | 「つかへい腹黒日記」-わたしの思い出の本 »

「じゃんけんねこ」-わたしの思い出の本

こんにちは。新刊目録の望月です。

今月は、データ部メンバーがそれぞれの「思い出の本」について語っていきます。

望月の思い出の本はこちら↓


オンライン書店ビーケーワン:じゃんけんねこ
佐藤 さとる
岩村 和朗

あかね書房(1977.6)
発送可能時間


この本は、家の近くの地区センター内にある図書室にありました。
どれだけ近いかというと、家の玄関出て30秒で着いちゃうくらい。なにせ道路はさんでお向かいでしたから。
子どもの頃は、よくこの図書室に遊びに行ってました。ちいさい図書室でしたが、わたしにとってはワンダーランド。ここでいろんな本と出会いました。

その中で、いちばん好きだったのがこの本。「じゃんけんに勝ったら、ねこになれる!」というのがほのかな憧れでした(笑)
原っぱの陽だまりで、ぽかぽかお昼寝とか、なんともしあわせ。
思い出すと、おひさまの匂いがしてくるような本でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1175

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク