« きょうのデータ部☆(3/16) | メイン | 「人」効果 »

子どものブーム絵本

先週、「わたしの思い出の本」の記事を書いたAV(録音・映像資料)の山老です。今日はウチの子どもがお気に入りの絵本をちょっと紹介。

子どもにも本に親しんでほしいと思い、近所の図書館へ時々足を運びます。自分が子どもを持ってから分かったことの一つですが、「何冊でもいいよ」と言うと、なんとなんでも選ぶこと。家にある本でも、前にかりた本でも、本当に何冊も持ってくるので、親が持って帰れる重さでギブアップというのが実際です。


息子たちも私も好きなのはこれ。

オンライン書店ビーケーワン:三びきのやぎのがらがらどん ノルウェーの昔話
マーシャ・ブラウン
せた ていじ

福音館書店(1965.7)
発送可能時間
怖いトロルをやっつけるのが痛快ですね。
女優のような先生の読み聞かせで、保育園でも人気のようです。


こちらは、私の方が心にびしびし響いているかも。

オンライン書店ビーケーワン:ぐるんぱのようちえん
ぐるんぱのようちえん
(こどものとも絵本)
西内 ミナミ
堀内 誠一

福音館書店(2008.4)
発送可能時間
最後にいつも「良かったね~」と言ってしまいます。



今の息子たちの人気は「かわいいむしのえほん」シリーズ。

オンライン書店ビーケーワン:くわがたのがたくん
くわがたのがたくん
(かわいいむしのえほん)
高家 博成
仲川 道子

童心社(2001.6)
発送可能時間
カブトムシやクワガタ、カマキリ、バッタなど、いずれも虫が主役の絵本なのですが、夜になるとみんなで蜜の出る木に集まって、「おいしいね」なんて言ったり。大きな虫がどけどけ!なんて出てきたり、クモに捕まって食べられそうになったところを別の虫が助けたり。自然界の厳しさを変に隠していないところも好感が持てます。なんてことない短いお話ですが、なんとも微笑ましいのです。

ほぼひらがなで書かれているので、これが最初に1人で読める本になるかな。思い出の絵本になるかな、と思いつつ、毎日読まされています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1206

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク