« 子どものブーム絵本 | メイン | スタジオジブリ »

「人」効果

再来週発行の「週刊新刊全点案内」掲載予定分で、気になるテーマの本がありました。
果たして世界を変えたのは「誰」だったのか…農学者N.ボーローグたちの例をあげ、小さな行動が大きな影響を与えていく「バタフライ効果」を説いています。

オンライン書店ビーケーワン:世界を変える力 バタフライ・エフェクト
アンディ・アンドルーズ
弓場 隆
鎌田 浩毅

ディスカヴァー・トゥエンティワン(2011.3)
発送可能時間
「バタフライ効果」とは気象学者のE.ローレンツが提唱した、「蝶の羽ばたきのような小さな空気流変動が、時間とともに伝播し、遠くで大きな気象の変化を起こす」という科学理論のこと。
未来を正確に予測することはできないという理論でもありますが、これは自然に限らず、人の行為、世界そのもの動きにもあてはめることができます。
小さな行動が大きな影響を与えることができるとしたら、その結果広がる影響が良いものか悪いものかは、その元となる一人一人の行いにかかっているのかもしれません。
「行動」がもつ意味と重要性について考えさせられます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1207

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク