« 出版年月で検索するときに・・・ | メイン | 英語を読む »

あの人が読むとなると気になる


戦場カメラマンの渡部陽一さんによる、こんなCDがありました。

【CD】 渡部陽一の世界名作童話劇場 日本篇(11902098)

タイトルの通り、渡部陽一さんが童話を朗読するCDです。
戦場カメラマンと言うと、いつ巻き込まれて死ぬかも分からない危険極まりない状況の中で、現実を伝えるために写真を撮る仕事、というイメージです。それでいて、ゆっくりと丁寧な喋り方。あのギャップが気になる人も多いのでは。私はこのCDを初めて見た時、「あの人に童話を読んでもらおうと思いついた人、すごい!」と、ポンと手を打ちたくなりました。(自発的な企画かもしれませんが)


日本音響研究所というところから「癒し効果、安眠導入効果が期待できる」とお墨付きです。(Victor Entertainment HP参考)
TVのバラエティ番組などでのトークを聞いていると、早口でたくさん伝えようとするより、ゆっくりの方が、聞く側の聞く気が増し、頭に入ってくるものなんだな、と思わされます。日頃、しっかり伝えたいあまり、子どもに「手を洗え!」「片付けろ!」「こういう時はなんて言うの!?」など、声を張り上げてしつこく言うのは全く逆効果?とも思ったり。


「桃太郎」や「おむすびころりん」など、有名な話ばかりですが、あの人が読むと思うと大人の私も興味がわいてきます。でも、確かに、聞いている間に安らかな眠りに導かれていってしまうかも・・・。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1213

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク