« きょうのデータ部☆(5/25) | メイン | 読み取る場所=情報源 »

「星に帰った少女」-わたしの思い出の本

オンライン書店ビーケーワン:星に帰った少女 改訂版


こちらの本、題名を忘れていたのですが国際子ども図書館に行った際、
ふと気になって調べていただいたことがあります。
作者名もわからず確かバスの回数券が出てきたという内容と、いつごろ読んだものであるかを手がかりに探していただき
題名が判明したと記憶しています(だいぶ前のことなので)
なぜこの本が今も印象に残っているのか?
友達に何かおもしろい本がないかと聞かれてこちらの本を薦めた覚えがあります。
この本は今まで読んでいたものと何かちがっていたのです。
少女はお母さんのお古のコートのポケットに入っていた回数券で別の場所へと運ばれます。
そしてこの体験を通して表面とはちがったものの見方を手に入れるといったことだったと思います。
最初はモノトーンで始まるのですが、読後は主人公の少女とともに成長したような晴れやかな気持ちになったような。
でもこれは現在の私の後付けかもしれません。
小学校4年生くらいでしたが、私も当時バスに乗って通学していたのと重なり学校以外のところに行けたらおもしろいなと、それくらいのことかも。
記憶の引き出しは自分のものながら時にあやふやだったりしませんか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1254

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク