« ASで作成するデータについて~和装本~ | メイン | きょうのデータ部☆(7/27) »

奥深き事典の世界

本日は「週刊新刊全点案内」1727号の発行日です。
掲載件数は1293件でした。

*こんな本がありました*

オンライン書店ビーケーワン:こと典百科叢書 第14巻 復刻 大日本重要物産誌

「こと典」…?化学の「ばけ学」みたいなもの?と思ったら案の定。「事典」を辞典・字典と区別して呼び習わしてきた呼称とのこと。
影印本(昔の本をそのままコピーしたような形で出される本の事です)は大体、研究者の方が使われる資料で、私たち一般人には縁遠きものという目で見ていたのですが、この全集はとても楽しい影印本でした。今回は第3回配本で第14巻~第20巻(上に表示しているのは第14巻)だったのですが、「大日本重要物産誌」「全名勝温泉案内」「紋の志をり」「標語全集」「類似植物分類鑑定辞典」「健康法辞典」「日日活用お料理辞典」と巻タイトルを並べただけでも賑やかで楽しそう。中身も「昔の標語もかなりキャッチーだったんだな…」とか「昔の人ははぜの甘露煮を手作りしてたんだ!」とかいろんな観点から楽しめました。
第1回配本や第2回配本はどんなのがあったのかな…と気になったので調べてみると、なんと第2回配本には「屁」「臍」なんてのも。「臍」はまだ想像付くけど、「屁」って…!?第2回配本は1704号か…そのとき自分が部ログ当番であったならば…っ!などと、愚か者はまともな記事を見ながら無念を感じてしまうのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1299

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク