« きょうのデータ部☆(8/3) | メイン | TRC MARCと装備の関係その1 »

わたしの思い出の本~野口英世の伝記~

小学生の頃、毎年夏休みは田舎の祖母の家ですごしていました。
同居していた1才年上のいとこの後にくっついて
朝のラジオ体操、昼は近所の湖でカニ取り
おやつには祖母が用意してくれたキンキンに冷えたスイカを食べ、夜は花火。
両親がいないのをいいことにのびのびと過ごす、今思うと、とても贅沢な夏休みでした。

そのいとこの本棚に、野口英世の伝記がありました。

オンライン書店ビーケーワン:野口英世 見えない人類の敵にいどむ
野口英世 見えない人類の敵にいどむ
(講談社火の鳥伝記文庫)
滑川 道夫

講談社(1981.11)
発送可能時間

漫画と辞書くらいしかなかった本棚の中の、唯一の本だったので、めずらしく思って手に取ったのを覚えています。
夏の昼下がり、蝉の声をBGMに、ひんやりとした畳に寝そべって一気に読み終えました。
伝記本を読んだのは初めてで、世の中にはすごい人がいるものだと感動し、夏休み中に何度も読み返したものです。

今はもう祖母は亡くなり、いとことも会う機会が減ってしまいましたが
夏のころ、ふと懐かしく思い出す忘れられない1冊です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1309

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク