« つれづれに… | メイン | クールダウン »

夏の暑さ対策…?

こんにちは。
AV(録音・映像資料)の岩瀬です。

8月もあとわずか。今年の夏は猛暑日続きで辛かった方も多いのではないでしょうか。
節電の影響で、なるべく電気を使わない暑さ対策も話題になっています。
そこで思い出すのが、ちょっと古典的ですが、怪談。
高校時代、怪談を語るのが上手な友人がいて、
みんなで怖がりながら輪になって聞いたことがあります。
どんな話だったか内容はまったく覚えていないのに、
あのゾクゾクッとした感じだけは、今でも思い出します。

そして、現在。
AV MARC作成という仕事をしながら思うのは、コワイものは夏に多い気がする、ということ。
たとえば、稲川淳二さんの怪談CDはこの間MARCを作ったし、
ホラー映画も夏に多く入荷するように思います。あくまでも個人的な印象ですが。
昼間はちっとも気にならない、これらのコワイものたち。
ですが、終業間近、周りが薄暗くなってくると、話は違ってきます。


MARC作成は現物から、の原則はAVでも同じ。
そこで、背景が黒っぽい、文字がわざとかすれた字体になっている、
血しぶきが飛んだような絵柄の上に字がかぶっている、などなど、
文字が読み取りにくいホラー映画のジャケットは、顔を近づけて見るハメに。
でも、そこには恨めしそうな目でこちらを見つめる女の顔が…。
早く帰りたい、コワイものから離れたい、でも、仕事はちゃんと終わらせなきゃいけない、という矛盾した焦りもドキドキ感を加速させます。
怖い絵柄はなるべく目に入れないように、必要な部分だけに集中して
チェックを終えたときの安堵感。ジャケットの絵が怖かったのか、
仕事が終わらないのが怖かったのか、ホントはどっち? と思いながら、
帰り支度をするのでした。

でも、本当に怖いのは、家に帰ってから。
暗がりで後ろから何かが忍び寄ってこないか、鏡に見知らぬ人の顔が映っていないか…。
以前ほんの出来心で見てしまったホラー映画を思い出して急に怖くなるのです。
このゾクゾク感が納涼につながればいいのですが、怖くて窓を閉め切ってしまう、布団をかぶって寝る、という幽霊対策としてはまったく無駄な抵抗をするために、暑苦しい夜になってしまうのでした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1321

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク