« きょうのデータ部☆(9/28) | メイン | 原タイトル »

わたしの思い出の本~こねこのぴっち~

思い出の本、と聞いてぱっと浮かんだもの、多くが絵本だったのですが
中でも特にお気に入りだったのがこの本です。

オンライン書店ビーケーワン:こねこのぴっち 改版
こねこのぴっち 改版
(岩波の子どもの本)
ハンス・フイッシャー
石井 桃子

岩波書店(2002.2)
発送可能時間

きっと同じようにお気に入りだという方も多いのではないかと思います。
ぴっちという名前の音の響きがなんとなく心地よくてついつい口にしたくなったり。
いろんな動物たちのまねをするぴっちがおかしかったりかわいらしかったり。

池に落ちてぶるぶる震えていたぴっちをりぜっとおばあさんが
あたたかそうな毛布でくるんで拭いてあげるところと
ふかふかの大きなベッドで小さなぴっちが寝ている場面が特に印象に残っています。
いいなあ、あったかそうだなあと羨ましく思いながら絵本を読んでいました。
幸せで愛しい気持ちになれる絵本だと思います。

そしてハンス・フィッシャーの絵がとにかく大好きでした。
「ブレーメンのおんがくたい」の絵本も同じくお気に入りで何度も読み返していた記憶があります。
本棚をごそごそ探してすっかり埃をかぶっていた絵本を取り出していま眺めてみても
迷いのないすらりとした線、ぽんぽんと小気味よく置かれた色合い、程良い余白、
すべてが魅力的だなあと感じます。

オンライン書店ビーケーワン:ブレーメンのおんがくたい グリム童話
グリム
グリム
ハンス・フィッシャー
せた ていじ

福音館書店(1964.4)
発送可能時間

またどちらの本にもあった暗闇のシーンは子ども心にどきりとするものがありました。
幼い頃に受けた強い印象は、大きくなってもずっと心に残っているんですね。

全くの余談ですが、いつか猫と暮らすことが人生のささやかな夢のひとつです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1345

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク