« きょうのデータ部☆(10/12) | メイン | とりとめなく ~典拠のはなし~ »

わたしの思い出の本~くまのプーさん プー横丁にたった家~

すっかり肌寒く、昼時の太陽にぽかぽかと心緩む毎日です。
思い出の本をご紹介する機会を頂きました。
あれにしようかこれにしようか、とさんざん悩みましたが、A.Aミルン作 石井桃子訳 「くまのプーさん プー横丁にたった家」にいたします。

オンライン書店ビーケーワン:クマのプーさん 新版
クマのプーさん 新版
(岩波少年文庫)
A.A.ミルン
石井 桃子

岩波書店(2000.6)
発送可能時間
※ディズニーでおなじみの、「風船にぶらさがるプー」「穴につかえるプー」のお話が収録されています。
オンライン書店ビーケーワン:プー横丁にたった家 新版
A.A.ミルン
石井 桃子

岩波書店(2000.11)
発送可能時間
※上の「プーさん」の続篇にあたるお話です。『プー横丁』というのは…作中に出てくる地名です。

小さな頃、母が寝る前に読み聞かせてくれた思い出の本です。
声音を変えて工夫を凝らす母に、私と弟は笑いっぱなしでした。

大学生になり、親元を離れてから、ふと「プーさん」を手元に置きたくなり町の書店を訪れました。
母が私の生まれる前に購入したというあのハードカバーの本は手に入れるべくもないかと、書店で見かけた文庫を購入し読み返してみると(こちらも挿絵が充実していて、お手ごろです)、その愛らしさに頬が緩むというよりは、間のとり方、空気に、かわいたようなユーモアが漂っていて、にやにやしてしまいました。
幼いころにはわからなかった、キャラクターたちの見栄や不遜や、拗ねてみたり気を惹こうとしたり、そういう様子がも妙に人間くさく、憎めなくて、愛着がわきます。

今回、この日記に書影を用意するにあたり、ビーケーワンでなつかしの表紙を見つけました。
これだー。

オンライン書店ビーケーワン:クマのプーさん プー横丁にたった家 改版

ちょうどディズニー映画でも「プーさん」が新作を公開しているようですが、本書の最終エピソードがアレンジされた部分もあるようです。ぜひ映画と併せていろいろな方に楽しんでもらいたいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1354

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク