« 夜にすぐに寝れますか? | メイン | デコレーション! »

三途の川は本当にあるのか?~新設件名のお知らせ2011年10月分~

本日発行の『週刊新刊全点案内』は、巻頭に「新設件名標目のお知らせ」を掲載しています。
新設件名は、TRC MARCで件名標目を新たに採用したものという意味で用いていますので、NDLSHから採用したものも含まれています。

10月は9件の件名を新設しました。
その中に「臨死体験」という件名があります。

「臨死体験」というと、コニー・ウィリスの「航路」という本を思い出します。

オンライン書店ビーケーワン:航路 上
航路 上
(ヴィレッジブックス)
コニー・ウィリス
大森 望

ヴィレッジブックス(2004.12)
発送可能時間
オンライン書店ビーケーワン:航路 下
航路 下
(ヴィレッジブックス)
コニー・ウィリス
大森 望

ヴィレッジブックス(2004.12)

臨死体験を科学的に解明しようとした心理学者が、人工的に臨死体験をする実験に自ら参加したところ、トンネルの先に待っていたのは意外な場所だった…という小説。
SFではあるのですが、生と死についていろいろと考えさせられる本でした。
意外な場所というのがいったいどこなのか、ぜひ読んで確かめてみてください。

不思議なことに、臨死体験というのは、洋の東西を問わず誰でも同じようなパターンになるそうですね。
自分の体を空中から見ていたり、光に遭遇したり…。
そう考えると、「本当に死後の世界はあるんじゃないか」という気がしてきますが、果たして臨死と死はイコールと言えるのかどうか。
生ある人間にとっては永遠に未知の世界、それが「死」というものなのかもしれません。

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク