« わたしの思い出の本~あおい目のこねこ~ | メイン | ルーペでさがせ »

刑事と書いて何と読む?

月末にお届けしている「MARCや検索のはなし」。
今回は、タイトルに「一般的なヨミではないルビ」が付いている場合どうするのか?をお届けします。


オンライン書店ビーケーワン:署長刑事 大阪中央署人情捜査録


「刑」と「事」の間に緑色で「デカ」と書いてあります。
「刑事」と書いて「デカ」と読む、ですね。
ルビがある場合の記述は、「漢字を宛字的に読んだものや特殊な読みがひらがなまたはカタカナで情報源に付されているときは、それが付されている語の直後に、( )で囲って入力する。」と決まっています。
ルビがある場合のヨミは、「ルビヨミ」と「統一ヨミ」の両方を入力しています。

従ってMARCはこうなります。

タイトル         署長刑事(デカ)
タイトルヨミ       ショチョウ/デカ
タイトルの統一ヨミ   ショチョウ/ケイジ


MARCを作成していると、「これをこう読ませるのか…」と感心したりビックリしたりすることも多々あり。いくつか例をご紹介します。

オンライン書店ビーケーワン:こうして手にする仕事と生活の調和 改訂2版 取組みのヒントと企業事例
「仕事と生活の調和」を「ワーク・ライフ・バランス」と読ませています。



オンライン書店ビーケーワン:いのちの地球よ永遠にあれ 未来の子供たちに、素晴らしい世界を残すために

「地球」を「ほし」、「永遠」を「とわ」と読ませています。



オンライン書店ビーケーワン:寿 水原春郎句集

「寿」を「いのちなが」と読ませています。まるで連想ゲームのようです!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1384

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク