« きょうのデータ部☆(12/21) | メイン | 100曲入り »

平家物語~わたしの思い出の本~

2012年のNHKの大河ドラマは「平清盛」。これにちなんで平清盛の伝記、同時代史など関連本が多数刊行されていますが、この時代を描いた代表的な文学作品、「平家物語」がらみのものもいろいろあるようです。
この「平家物語」、私が原文を通読したのは学生時代、日本文学を専攻し、その中の中世文学の講義で取り上げられたからでした。でも、それより前に部分的に原文を読んで、登場人物のあるお方に強く引かれたことがあったのです。
中世軍記文学の研究で著名な梶原正昭先生が、NHKで「平家物語」について講義される番組があり、その中で、木曾義仲の最期の一節が取り上げられました。
ここに、義仲の乳母子で側近の今井四郎兼平という武将が登場します。彼は、負け戦で気弱になった義仲を励ましつつ奮戦しますが、義仲は討ち取られてしまいます。これを知った兼平は、敵軍のただ中で、「今は誰をかばはんとて、軍(いくさ)をばすべき。これ見給へ、東国の殿ばら。日本一の剛の者の、自害する手本よ」(引用は手元の角川文庫より。書影は同じ校注者の角川ソフィア文庫)と言って、太刀の先を口に含んで、馬からさかさまに飛び落ち、「貫かつてぞ失せにける」という壮絶な最期を遂げるのです。
この一節この場面でのこの言葉に、ともかく一目惚れしてしまいました。たぶん、今「歴女」といわれるような方々が、戦国武将や新選組の隊士に「萌え」を感じるのと同じような気持ちだったかな、とも思います。

オンライン書店ビーケーワン:平家物語 上巻
平家物語 上巻
(角川ソフィア文庫)
佐藤 謙三

角川書店(1999.9)
オンライン書店ビーケーワン:平家物語 下巻
平家物語 下巻
(角川ソフィア文庫)
佐藤 謙三

角川書店(1999.2)
発送可能時間

それから「平家物語」全巻を通読するまでには間があったのですが、この時の講義で課されたレポートでは、今井四郎兼平を取り上げ、思いのたけを込めたのでした。
「平家物語」は登場人物が多く、かつ、バラエティーに富んでいます。主要な人物に限らず、誰かしら心引かれる人物を見つけられるのではないでしょうか。
できれば原文(「源氏物語」と比べるとずっと読みやすいのでは)を味わっていただきたいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1404

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク