« きょうのデータ部☆(2/8) | メイン | ついにロスでライブまで ~典拠のはなし~ »

覚えているのは… ~わたしの思い出の本~

少し前の子ども向け読み物のTRC MARCを見ていると、時折びっくりするようなものに出会います。
「このハードボイルドを子ども向けにするとは!」とか、「1冊にこれとこれを入れてしまうとは豪勢な、っていうか盛り込みすぎでは?」とか、「この人がこんなところで挿絵を描いているとは」とか…。名作ものや、SF、推理のシリーズなどは、その豪華ラインナップに見入ることしばし。
ただ、実際の本を見ながらではなくデータだけなので、どんな翻訳なんだろう、著者本人が手を入れたのだろうか、など想像しながらの仕事になります。

それにしても、乱歩の「怪人二十面相」や南洋一郎の「怪盗ルパン」(正しくはルブランの)、世界のSFシリーズなどに一時期あんなにも熱中したのはなぜなのか。手の甲に赤い輪が出てきたらどうしよう、部屋の隅のカーテンから何かのぞいているのでは、とびくびくしながら読んだものでした。
そして、今となっては筋立てはまったく覚えていなくても、なんとなく記憶に残っている“あの”挿絵のかずかず。心なしかページが黒っぽく透けて見え、気配を察しつつページをめくると…。


作者など関係なく読んでいたSFやミステリーはいったい誰の作品だったのか。そして今だとどう見えるのか。気になりながらも、あの重さを通勤電車で読む気力はなく、かといって、文庫版ではあの重みが味わえず。ましてや電子書籍ではあの愉しみは…。
というわけで、とりあえずはこんな本をのぞいてみようかと思います。

オンライン書店ビーケーワン:少年少女昭和ミステリ美術館 表紙でみるジュニア・ミステリの世界

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1438

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク