« きょうのデータ部☆(2/22) | メイン | リケジョ=○○女子 »

大菩薩峠 ~わたしの思い出の本~

思い出の本、と記憶をたどって幼児期へ…遡ろうとしたのですが、まずこの峠を越えなければその先は見えず。

オンライン書店ビーケーワン:大菩薩峠 1
大菩薩峠 1
(ちくま文庫)
中里 介山

筑摩書房(1995.12)

ちくま文庫で20冊、到底ひとりでは読み通すことができなかったでしょう。学生時代に参加した自主ゼミで、約1年かけて読破しました。
月に1冊、夏休みなど長期の休みには月に3冊を読む事が課題。月1回開かれるゼミでは毎回担当者がレジュメを作成、あらすじ等をまとめました。また、巻が進むにつれ登場人物が増え、派生する物語がいくつも同時進行することから、人物相関図や物語進行表なども作成。登場人物のひとり・道庵先生の住む長者町を探して東京下谷を散策したことも。なつかしいなー。わたしにとって「大菩薩峠」は思い出の本、というか、思い出を喚起してくれる本、といった方がいいかもしれません。
読み返すことはまずない…と思いますが、このちくま文庫20冊はいつまでも手元においておきたいと思っています。bk1では現在購入不可になっていますが、電子書籍版「大菩薩峠」がありました。
蛇足ながらも…。この小説は著者存命中に完結する事なく、未完のまま。まさかあの1行で終わるなんて…「えっ!これで絶筆!?」と当時絶句したのも懐かしい。ともあれ、この超大作を読み通したことが、わたしの読書体力を培った事は間違いないでしょう。じたばたせずに、物語にどっぷりひたる喜び(と苦しみ)。
今度は映画「大菩薩峠」で机竜之介に再会してみようかな?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1448

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク