« きょうのデータ部☆(6/27) | メイン | ちょっとトクベツなカッコのはなし »

思い出の図書館 ぞ~っとする部屋


子どもの頃によく行っていた近所の図書館でのこと。
いつもは子ども室に直行していたのですが、ある時、大人のコーナーを探検してみることにしました。
ぶらぶらと歩いていると、他とは違う雰囲気の部屋があり
入口からのぞくと、ガラスケースの中になにやら並んでいます。
誰もいない部屋におそるおそる入り
いかにも古そうな本や文房具を見つつ、ぐるりと一周
目をひいたのは、やけにリアルな人物のお面!?
それはデスマスクでした。

当時、デスマスクの意味を知らなかった私ですが
シーンとした薄暗い部屋と、やけにひんやりとした空気
そして不気味な謎のお面。
急に怖くなりなり、そそくさと部屋をあとにしました。
でも、しばらくはこの部屋とお面が気になってしかたがなく
そーっと入ってみては、ぞ~っとする、を何回か繰り返したのでした。

ここは、ある文豪の住居跡に建てられた図書館で
私がおそるおそる入った部屋は、遺品等を紹介する常設展示室でした。
暗めの照明も空調も、貴重な品々を保護するためで
このことに気づいたのは、ずいぶんと後になってのことです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1560

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク