« 思い出の図書館 偽りの受験勉強 | メイン | こんなレシピはいかが? »

「海へ出るつもりじゃなかった」~わたしの思い出の本

こんにちは。新刊目録の望月です。

思い出の本と書きましたが、実はこの本読んでいません。
読んでいないというか、読めなかったというか...。

海へ出るつもりじゃなかった

アーサー・ランサム(作),神宮輝夫(訳)
岩波書店(1979)


この本はヨットのマークが印象的な「アーサー・ランサム全集」の7巻目です。中学生のころ、シリーズ物を読破することにはまっていて全12巻のこのシリーズを読み始めたのですが、学校の図書室で第1巻を手に取ったときから気にはなっていたのです。整然と並べられた本の中、ぽっかり空いたスペースがあることが。

最初は誰かに貸し出し中なのかな、と思ってました。なので気にせず読み進めていったのですが、いつまでたっても返ってくる気配はなし。
6巻を読み終えるころになってもスペースは空いたままだったので、仕方なく飛ばして次の8巻を読み始めましたが、「全巻」読みたかったのに、なんで無いの?という思いは消えぬまま。くやしい思い出の本です。

今だったら地域の図書館で7巻だけ借りることもできるのでしょうが、やっぱり読むんだったら最初から最後まで「全巻」読み通したくって、でも12巻を没頭して読むだけの気力・体力があるかどうか。なかなか踏ん切りがつきません。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1569

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク