« 伝記の分類~分類/件名のおはなし・35~ | メイン | なつやすみの冒険 »

「ヘ」と「へ」の話

こんにちは。
AV(録音・映像資料)の岩瀬です。
暑い日が続いていますね。みなさま、お元気でしょうか。
節電と熱中症対策のはざまで揺れながら、オフィス内のエアコンの設定温度は少し高めに、扇風機やサーキュレーターの助けも借りて、私たちデータ部員は日々、MARC作成に勤しんでおります。
その作業内容のほとんどは、校正。
文字の入力ミスがないか、あるときは拡大鏡まで動員して、ひたすらチェック、チェック、チェック。普段はあまり気にしないのですが、校正の目で見ると、この世には紛らわしい文字がゴマンとあって...。

なかでも、AVメンバーを悩ませるのは、○長調、○短調といった調号。
クラシック・アルバムの収録曲名には必ずといっていいほど、これが含まれます。
○の中に入るのは、イロハニホヘトの7つのカタカナのいずれか。これがクセモノ。
というのも、ロと口、ハと八、ニと二、トと卜、のように、それぞれ大変よく似た漢字があるのです。でも、これらは目で見ただけでも何となく違いが分かりますし、そもそも変換ミスはほとんどありません。
なんといっても問題なのは...


「ヘ」

気が抜けそうですが、いちばん厄介なのがこの、「ヘ」なのです。
「ヘ」と「へ」。どっちがカタカナで、どっちがひらがなか、みなさん、すぐに分かりますか?
二つ並べてみれば分かる人も多いかもしれませんが、

「ヘ長調」←こっちがカタカナ
「へ短調」←こっちがひらがな です。

しかし、これはどうでしょう?
「交響曲第8番へ長調作品93」

これは、ひらがな。こうなっていたら、カタカナに直さなければいけません。
自分の目だけでは不安なので、敢えてひらがなでもタイトル検索し、間違って入力していないか、念入りに確認します。これで引っかかってきたら、すかさず修正。めんどくさいけど、正確なMARC、内容細目ファイル作成のためには、欠かせない作業のひとつです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1603

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク