« 新刊目録メンバーに聞いてみました | メイン | もったいなくてほどけない »

バーンスタインと...?

先日ミュージカル版の「ロミオ&ジュリエット」を観る機会がありました。
感想はいろいろありましたが、一番に思ったのは、場所は違えど、「ウエスト・サイド・ストーリー」と同じだと思ったこと。

もちろん、本当は逆で、「ロミオとジュリエット」⇒「ウェスト・サイド・ストーリー」ですよね。でも、「ウエスト・サイド・ストーリー」は、映画版も舞台版もそれほど印象深い作品でした。

ところで、「ウエスト・サイド・ストーリー」の作曲者といったら、指揮者でもあるバーンスタイン。
彼は、いろんな曲を指揮していますが、最近入力した中にこんなDVDがありました。

バーンスタイン+手塚治虫 

バーンスタインが、1984年にドイツの世界遺産オットーボイレン大聖堂バジリカ教会において指揮した、バイエルン放送交響楽団&合唱団演奏「J.ハイドン:ミサ曲第7番ハ長調 戦時のミサ」の映像のDVDと、手塚治虫が、1974年に発表した、バーンスタインが実名で登場するコミック「雨のコンダクター」のブックレットが付録としてつけられたもの。
この「雨のコンダクター」は、1973年、ワシントンで開かれたニクソン大統領の就任記念演奏会の同時刻に、ワシントン大聖堂でバーンスタインが催したベトナム反戦コンサートのことを描いた漫画だそうです。このコンサートで演奏されたのも「J.ハイドン:ミサ曲第7番 ハ長調戦時のミサ」。だからこそのこのセットなんですね。

雨のコンダクターだけならば、
手塚治虫マンガ音楽館 にも収録されています。(収録作品一覧をごらんください)

しかし、音楽関係についてもこれだけ書ける手塚治虫もすごいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1649

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク