« TV情報検索 | メイン | バーンスタインと...? »

新刊目録メンバーに聞いてみました

こんにちは。新刊目録の望月です。
毎月お届けしている「MARCや検索のはなし」は本日はお休みにして、新刊目録メンバーへのアンケートを行いました。結果を通してメンバーのふだんの姿が明らかになるかも!?

質問1)新刊の仕事をしていて、達成感を感じるのはどんなとき?

「やっぱり水曜日の夜」
 新刊目録のスケジュール上、水曜日は大事です。なぜならこの日が締め切りだから!無事に締め切り前に終われると、なんだかやり遂げた気分になります。
「図書館の新着図書の棚に自分が目録とった本が並んでると「無事に現場(図書館)に!」と思って嬉しいです」

「新聞広告欄の本がチェックした覚えのあるものばかりのとき」

「校正用のゲラの厚みや「新刊案内」の厚みにも時々「やったぞ」と感じます」
"厚み"で、これだけの量をやりました!と実感。

質問2)仕事で付いたクセはありますか?

「手に取った瞬間ソフトカバーかハードカバーか考えちゃう」
TRC MARCには装丁のコードも入れています。ソフトカバーかハードカバーかそれが問題だ。
「発行年月を見ないと気がすまない。「いつの本?」と常に思う」
(同意見8「まず奥付見るようになりました」「奥付見ちゃいます」)
同意見多数。一般の人が発行日を気にするのは「新しい情報が欲しいから」だと思われますが、新刊目録の部署では、「新刊案内に掲載できるかどうか」(発売から3ヶ月以内)を確認する意味もあります。
「奥付のISBNを探すのがはやくなった気がします。縦になってても本を回さず読めるようになりました」
レベルが上がってくると、いい意味で目ざとくなっていきます。

次週に続く...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1648

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク