« 今日のデータ部☆(11/14) | メイン | チェックチェックチェック ~分類/件名のおはなし・38~ »

天地初発之時...

今年は現存する日本最古の歴史書である「古事記」が編纂されて1300年にあたります。
そういえば、むかしむかし学生時代に、日本史だか国語の文学史だかのテストのために必死で憶えました...「712年、古事記、太安万侶、稗田阿礼」。
間違えやすい漢字が多くて苦労したおぼえがあります。
何かゴロ合わせもあったように思うのですが、もはや忘却の彼方。


さて、区切りの年ということで「古事記」についての本は今年どれくらいあったのか、件名標目で検索してみました。

2012年作成のTRCMARCで件名標目に「古事記」が付与されているものは、本日現在70件。
2011年は46件、2010年は24件、2009年は21件でした。

やはり今年は抜きんでて多いですね。
伊勢神宮、出雲大社ともに遷宮の最中ですし、古事記や日本神話の本がアツいようです。


そういえば「古事記」とセットで「720年、日本書紀、舎人親王」も憶えたなあ...。
2020年には今度は「日本書紀」関連の本がどっと出版されたりするのでしょうか?

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

2020年12月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク