« きょうのデータ部☆(1/9) | メイン | 巳・已・己 ~典拠のはなし~ »

年は取らせていただくもの。

お正月休み、みなさまどのように過ごされましたか?
  
「お正月の意味や年神様について考えています」という知人からのメールで、
それについては、この本に載っていたなー、と久しぶりに取り出したのがこちら。

しばわんこの和のこころ

川浦/良枝(絵と文)
白泉社
(2002.1)
 

しばわんこが、日本の年中行事、和の暮らし方を教えてくれる絵本。
まず最初がお正月の場面でした。

それによると、年神様はご先祖様であるらしい。
年に一度、お正月にやってきて、みんなに年を取らせ、
新しい生命力を与えてくれるそうです。

年齢は、自分で取っていくものではなく、神様が取らせてくれるものなのですね。
すごく新鮮な考え方に思えます。

...が、そういえば、祖母がよく言っていた
「数えで○歳」ってここから来ていたんだな、と思い当たりました。

お正月にみんな一斉に年を取る、数え年という考え方。
お正月に年神様から、年齢とともに、新しい生命力、パワーがプレゼントされるのですね。

そう考えれば、何かと新品にしてお正月を迎えるという感覚、
去年のことは水に流して、今日からは新たな気持ちで...という考え方は、日本人の根っこにあるものに思えます。
  
あまりにもキレイサッパリ忘れるのもどうかと思いますが、
お正月になると自動的に「今年こそ!」というスイッチが入る前向きさは、年神様あればこその日本人の良いところなのかもしれません。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1701

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク