« 目次の大物 | メイン | きょうのデータ部☆(1/30) »

さむい日のたのしみ

本日は「週刊新刊全点案内」1801号の発行日です。
掲載件数は1459件でした。

年が明けてしばらくはのんびりペースでしたが
グッと冊数が増えました。

*こんな本がありました*

さむい日が続くので、いつにもましてインドア派になっています。
こんな時のたのしみといえば、温かいお茶と美味しいお菓子。
(年中食べてるでしょ?というのは置いておいて。)
そこで目に留まったのがこちらです。

チョコレートの歴史物語

サラ・モス(著) アレクサンダー・バデノック(著) 堤理華(訳)
原書房(2013.1)


パイの歴史物語

ジャネット・クラークソン(著) 竹田円(訳)
原書房(2013.1)


「お菓子の図書館」シリーズの新刊です。
ケーキアイスクリームときて、今回はチョコレートとパイ。
王道ですねぇ。この季節にぴったり!
それぞれのお菓子の歴史をわかりやすく説明しているこのシリーズ、「お菓子」と「図書館」という組み合わせもステキですね。食べ物の本ばかりを集めた図書館でカフェを開いてみたら...なんて空想がひろがります。


それからもう一冊。

ちびモン かぎ針編みでつくるかわいいモンスターたち

クリステン・ヘイデン(著) 室野明代(監修) 大森大(訳)
飛鳥新社(2013.1)

編みぐるみならぬ編みモンスター。
かぎ針編みで、ゾンビ・忍者・ガイコツ・ヴァンパイアなどのモンスターを作ります。どれもかわいくデフォルメされていますが、ゾンビやガイコツとならんで「忍者」が入っているあたり、アメリカ人の著者ならではなかんじです。
毎冬編みものにチャレンジしたくなるんですが、根気がなくて完成できたことがありません。でもこれだったらかわいいし、すぐ編めそうだし、私にもできるかも?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://datablog.trc.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1714

コメントを投稿

(投稿されたコメントは、TRCデータ部の営業時間内にアップいたします。投稿から掲載までお待ちいただく場合がありますがご了承ください。なお、メールアドレスはTRCデータ部から直接ご連絡する場合にのみ使用いたします。第三者への公開・提供はいたしません。)

博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報
博物館、図書館、文書館、公民館(MLAK)東日本大震災被災救援情報

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

全てのエントリーの一覧

リンク